COLNAGO C64
 
写真追加します。
ヘッドラグはC60よりラグを薄くしている部分があります。フォークも色分けしている所は凹みをつけていてデザインにインパクトがありますね。
180217010180217009
 
チェーンステイは左右異形になっており左側の厚みがかなりあります。剛性を調整する為なのか、これから始まるディスクブレーキ仕様との整合性を考慮したのか?という所でしょうか。
180217006
シートポストは内側から押さえ込むタイプでデザイン的にもスッキリしてます。
180217005
ダウンチューブのボトルゲージ台座部分は凹みをいれてあります。ちょっと意味が解らないけど剛性アップ?ボトルゲージの高さを抑えてエアロ効果を狙ったのか?もしくはノリ?
自分はELITEのVICOを付ける予定で用意していたのですが、現時点ではボトルゲージの穴を開け直してスペーサーで下駄履かせた状態でようやく固定出来た感じです。COLNAGO純正であればすっぽり収まりますので純正品をチョイスして下さい。
180217004
ブレーキはダイレクトマウントタイプでシートステイのデザインが変更になりました。個人的にはこちらが好きですね。
180217003
色々変更点はありますが、2日乗った感じではかなり良い出来です。あえて言葉にするなら乗り味はC60に近く震動吸収性も同じくらいかなと思います。
剛性感はリア周りの横へのしなりとフロント周りのバランス感が良くなりケイデンス高めに回していると本当にスムーズに進みます。V2-rの剛性感とは全く違います。V2-rほど軽快ではないけどC60よりは軽快な感じ。
まだ乗り込んだとは言えない程度しか乗ってないので現時点では何もネガティブさは感じません。
 
データを解析して作る現代のフレームはスキが無く正しく走るフレームが多いと思います。性能を突き詰めるのは否定はしませんが、Cシリーズはとにかく過去のモデルのネガティブな部分を改良し、出来たフレームをデータだけに頼らずサロンニが試して作り込んでいくと聞いた事があります。
C64は期待以上の走りが出来る可能性のあるフレームであり、ペダリングを教えてくれるような硬派なフレームでもあり、「乗り味」を深く味わえるフレームだなと感じています。
 
また後日乗り込んでインプレします。